↑ランダムで画像が変わります
(現在全14種)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■面白くても売れないゲーム

 売れるゲームはどうして売れるのでしょうか。面白いからでしょうか。売れないゲームはどうして売れないので しょうか。面白くないからでしょうか。必ずしも、そうではありません。面白いのに売れないゲームだっていくつもあります。そんなタイトルが、ユーザーから は隠れた名作というような扱いでひっそり評価されていたりするんです。

 売れないゲームというのは、時に、ゲームの中身とは無関係に売れないスパイラルに陥り、脱出できなくなることがあります。今回はそんな、売れないゲームがはまりこむ構造的な問題について、お話してみたいと思います。
 
~中略~



 出荷5万本、この時点でメーカーはユーザーが買おうが買うまいが5万本分の売上が確定します。初週2万本がお店からお客さんに売れて、そこから発売1ヶ 月後で1万本伸ばして累計3万本まで到達。今度は、そこからメーカーさんが売上を伸ばすためにどれだけ動くか、動けるかという話です。

  どのメーカーさんも、出来る限り売上を伸ばしたいと思っています。でも現実的に考えた時に、ここでお金をかけて宣伝や販促を行っても結局まだ残っている2 万本が消化されるだけで、お店は再発注してくれないかもしれません。つまり、メーカーの売上はあまり伸びない可能性が高いという話がでてきます。

 こうなると、お店はメーカーが売る施策を打ち出さなければ仕入れられず、メーカーはお店が仕入れなければ宣伝しても意味がないという状況になり、硬直状態に陥ります。これが、売れないスパイラルだというわけです。

 最初に売れないということが痛恨の一撃となり、勝つための戦いではなく敗戦処理的に業界が動いてしまうと、売れないゲームは浮上するチャンスを失っていきます。

 しかも、この痛恨の一撃は、ゲームが面白いか面白いか分かる前に襲いかかってくるんです。


全文は↓で
売れないゲームが売れない構造 - Ameba News [アメーバニュース]






ほんとにシリーズ物しか売れなくなってきてるし

シリーズ物自体も名前だけ借りて中身が伴わないケースも多いんですよねー


低予算でもおもしろい感じのものを作って欲しいですねー









コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://komix.blog84.fc2.com/tb.php/451-c09bd851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック


+6129
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。