↑ランダムで画像が変わります
(現在全14種)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10分で100ものゲームオーバーが楽しめる動画の登場です。

動画サイトYoutubeには10月14日付けで「100 Game Overs in 10 Minutes!」と題した動画が投稿されました。100ものファミコン用ゲームからゲームオーバーのシーンをピックアップした労作です。皆さんがご存じ のタイトルはいくつあるでしょうか?



アクションからRPGまで、実に様々なタイトルがラインナップされていますが、一口に「ゲームオーバーシーン」といっても色々なパターンがあることが分か ります。真っ暗な画面に単純に「GAME OVER」と出るようなものから、主人公が消えた後の光景を描写して寂しさを感じさせるもの(『Dick Tracy』)、ミスをからかうことでリトライを誘うもの(『ダックハント』)、コミカルなCGを表示することでゲームオーバーのショックを和らげるもの (『Felix the Cat』)、ゲームの世界観に則った演出がされているもの(『Paperboy』)など、主人公が敗れた後の姿を描くもの(『パンチアウト!!』)など様 々。必ず一度は見ることになるものであり、プレイヤーとしては快いものではないゲームオーバーシーン。プレイヤーを慰めるのか、煽るのか、動画からは模索 の歴史が伺えます。



            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \   ゲームオーバーばっかみてうなされるよぉ~
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /



情報元:
ファミコンゲーム100本のゲームオーバーを一気に | インサイド



テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://komix.blog84.fc2.com/tb.php/202-9cb7dfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック


+6129
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。